1. このページは、『急須』の金継ぎ・陶器の修理の事例が掲載されています。まずは、写真をご覧頂き、金継ぎの様子、金額などを参考にして下さい。10個以上の場合は、値段が変わってきますのでこちらをご覧ください。
  2. 金継ぎ・陶器の修理のご依頼方法は、このページの下記に記載されています。
  3. 金額は税別の値段になっています。

※現在、たくさんの修理品を預かっております。修復は一人で行っておりますので、お伝えしている日数よりもかなり時間を要してしまうこともあり、お客様にご迷惑をお掛けする場合もあるかと思います。ご理解の程よろしくお願いします。

Befor After

gK
消し銀使用


*値段*
2万円

*修理日数*
3ヶ月


薄い作りのポットです。金継ぎで修理した場合、金が目立ちすぎてしまうので、同系色の銀で仕上げました。

Befor After

gJ
溜継ぎ


*値段*
1万8千円

*修理日数*
2ヶ月半


器の釉薬の色と漆の溜色がよく似ていたので、溜継ぎを選びました。欠片の多い器は、金継ぎすると派手になってしまいますが、溜継ぎで修理しますと、全体的に渋く仕上がります。

Befor After

gI
消し銀使用


*値段*
2万5千円

*修理日数*
2ヶ月半


直径40cmの大皿です。青ベースのお皿には銀があうと思います。仕上がりは、修理箇所が目立たなくなりました。

Befor After

gH
消し金使用


*値段*
9000円

*修理日数*
2ヶ月


急須の蓋です。土物は修理が大変です。慎重につなぎ合わせ、サビ漆はできませんので、漆のみで何度も盛り上げていきました。金を蒔いて仕上げました。

Befor After

gG
つや消し金使用


*値段*
2万3千円

*修理日数*
2ヶ月半〜
3ヶ月


香炉の蓋です。欠片を全部つなぎ合わせたら、上の写真の大きな部分の欠片がありませんでした。ない部分は漆で作り、消し粉で仕上げました。

Befor After

gF
消し金使用


*値段*
約6万円

*修理日数*
半年
直径23cm程の鉢で、レンガやテラコッタの様な質感です。爪で触るとボロボロと崩れます。この様に割れると器の素材上、欠片が全部あってもつなぎ目は綺麗にならず、漆での成形が必要になります。そのためつなぎ目は太くなります。

Befor After

gE
黒漆使用


*値段*
1万5千円

*修理日数*
1ヶ月半


欠片は少ないですが、全体的に割れています。ポイントは、継いだ跡が全体に入るため、器に近い色で修理すれば器自体の雰囲気を壊すことはありません。

Befor After

gD
消し銀使用


*値段*
約10万円

*修理日数*
半年


今までで一番欠片が多いです。ここまで割れると漆や接着剤の厚さが影響して、少しつなぎ目に段が生じます。サビ漆を使い、段をなめらかにしますが、その分線が太くなります。今回は、目立ちにくい取っ手の部分にサビ漆を使いました。。

Befor After

gC
磨き金使用


*値段*
10000円〜13000円

*修理日数*
2ヶ月


石川県の方の器です。湯飲みやカップは内側の仕事がやりにくいため、この様な割れ方の場合は、3つのパーツに分けて仕事をします。それぞれ金を蒔いてからパーツを付け、仕上げをします。

Befor After

gB
白漆使用


*値段*
25000円〜30000円

*修理日数*
2ヶ月


器の雰囲気を壊さずに直せたと思います。使用した漆は白漆です。絵の具の白とは違い、人間の肌のような色をしています。

Befor After

gA
溜漆使用


*値段*
約4万円

*修理日数*
3カ月


少し大きめの抹茶椀です。溜継ぎで直しました。器の欠片が全部なく、漆で作りました。作った部分はAfterの真ん中の三角部分です。金を蒔いた後、溜漆を塗り、仕上げました。

Befor After

g@
消し銀使用


*値段*
約2万円

*修理日数*
2ヶ月


写真では大きく見えますが、直径5cm程の器です。欠片を接着する順番は、小さな欠片から付けていきます。器の厚さが薄い分、扱いには大変気をつかいました。器の厚さが1mm程でも欠片を漆で作ることができます。


ぬしやの こだわり ぬしやはこんな所に
  こだわっています
金以外でも 直せます
↑色々な直し方があります


金継ぎ・陶器修理の依頼・お支払い方法


 @メール、電話、FAXで受け付けております。メールはこちらまで
   ※メールに書いて頂きたいポイント
    ・画像の送れる方は画像を送って下さい。
    ・器の大きさ
    ・割れた欠片の数
    ・ヒビの長さ
    ・陶器か磁器か

    ・金・銀・銅・粉の種類(消し粉か磨き粉か)
                   ↑クリックすると詳しい説明にとびます

    ※メールはなるべく早めに返信するようにしていますが、1日経っても返信がない場合は、お手数ですが再度メールを送って頂くかお電話頂ければと思います。

    ※フリーメールご使用の方は、受信できない場合がありますので、1日経っても返信がない場合は、お手数ですがお電話頂ければと思います。

      ↓

 
Aお客様の説明で大体の仕事内容、金額をお見積りいたします。

      
↓ !お読み下さい!
(クリックしてお読み下さい)

 
B了解が得られれば、下記住所まで品物を送って頂き
送料はお客様負担となります、修理を始めます。
   
漆器工房ぬしや 八木茂樹
   〒922-0103 石川県加賀市山中温泉長谷田町リ313-2
           電話 0761-78-0252

     ※梱包で使用したダンボールや箱を返却希望の場合は、あらかじめご連絡下さい。

      


 
Cご連絡を頂ければ、途中経過をお知らせします。
    ※現在、たくさんの修理品を預かっております。修復は一人で行っておりますので、お伝えしている日数よりもかなり時間を要してしまうこともあり、お客様にご迷惑をお掛けする場合もあるかと思います。ご理解の程よろしくお願いします

      


 D修理が完了致しましたら、メールもしくは電話にてご連絡致します。
お支払い方法は、お振込みと代引きからお選びいただけます。お振込みの場合は、お振込み確認後の発送となります。


〜発送とお支払いに関する質問〜
■どのように送ればよいのですか?
郵便小包や宅配便でお送り下さい。器を箱の真ん中に入れ、周りを新聞紙やプチプチなどでクッションを作って、器が箱の中で動かないようにしてください。(送料はお客様負担となります)
お持ち込みも受け付けております。留守の場合もありますので、事前にご連絡頂けるとありがたいです。
お支払いについて
・代引き  ※代引き手数料はお客様負担となります。

・銀行振込/郵便振込


   銀行:金沢信用金庫 山中支店
       口座番号:普通 322315
       名前:ヤギシゲキ

   郵便貯金:記号:13140
          番号:11844621
          名前:ヤギシゲキ
        
※修理完了後、ご入金が確認できましてから発送致します。

・法人の場合は、会社の決まったお支払い日にお支払い頂けます。



金継ぎTOPへ


ご意見、ご感想、お問合せはこちらまで
e-mail : nusiya☆po6.nsk.ne.jp
※☆の部分は@に変えて下さい

*フリーメールご使用の方へ*
受信できない場合がありますので、1日経っても返信がない場合は、お手数ですがお電話頂ければと思います。


漆工房ぬしや 八木茂樹
〒922-0103 石川県加賀市山中温泉長谷田町リ313-2
電話・FAX 
0761-78-0252
携帯 080-1956-1983