(個人)あすわ交通

予約:お問い合わせ
090-3888-4964

思い出に残る素敵な旅、
お手伝い
致します        .
(福井名物)
越前おろし蕎麦

お薦め店【利休庵】
クリック
(場所)戦国の里:朝倉氏遺跡
永平寺まで車で約17分

お得な情報有り:ご注文時
【お得なクーポン件:
不要
【越前そば:利休庵】
ホームページ見ましたで特典有り

耳寄りなお話
TVソフトバンクCM
ここが(犬:白戸ホウイト君の実家で〜す。

福井県 永平寺(世界に誇れる禅寺) 禅の里
20131116
寛元2年(1244年)道元禅師(どうげんぜんじ)が開いた曹洞宗大本山で「曹洞宗第一道場」とも呼ばれ、広さ33万平方メートルに及ぶ寺域は樹齢680年の老杉に 並ぶ山深い谷あいにあります、。境内には山門、仏殿、法堂、僧堂(座禅堂)、庫院[くいん](台所)、浴室、東司[とうす](便所)の七堂伽藍(がらん)をはじめ大小70余りの堂宇が配され、これらはすべて回廊で結ばれ拝観ができる。日本の禅修業の最高峰として歴史を刻んできた。 今でも200名の修行僧(雲水)たちによって750年前に定められた厳しい作法に従って禅の修行を行っている全国的な名刹です。
【永平寺 修行体験】心構え:参籠される方は、あくまでも研修
(娯楽での参加はご縁了ください)

15時から16時40分までに入山!翌朝7時の朝食後下山
1泊2食 10,000円 個人受付・団体受付(プライバシーも)

参籠(さんろう)のご案内(座禅・宿泊体験)

永平寺に宿泊し、禅寺の修行生活に触れることによって、各々の信仰を深めていくことを目的としたもので、旅館 ホテルなどの宿泊とは異なる。
・参籠中は、原則として本山外には出られません。なお、山内での飲酒行為は堅く禁止です。
<申し込み方法> 事前に電話にて、申し込みは原則として2週間までに予約
<参籠恩金> 大人8,000円(税込)
<持ち物>   タオル 歯ブラシ等の洗面用具は、各自でご用意下さい。座禅のしやすい服装(ジャージなど) ※浴衣は用意してあります。

<日程表>下記(二泊三日)の企画は現在ございません
 一日目:〜17:00入浴 17:30薬石(夕食) 18:50〜20:30座禅・法話・映画 21:00開枕(消灯)
  (通常)   二日目:3:20〜起床・洗面 3:50〜法話または座禅 5:00〜朝課(読経)、終わって諸堂案内(山内の建物の案内) 
              7:00小食(朝食) 下山
        ※冬期は二日目の日程が30分または1時間遅くなります。  ※都合で変更する場合があります。

 〒910-1294
 福井県吉田郡永平寺町志比 5-15 大本山 永平寺 總受処 TEL:0776−63−3102 FAX:0776−63−3115   

唐門(勅使門)緩やかな参道を真直ぐ歩くと見てくる。正門の真正面に位置し、老杉の中に佇む、この門は永平寺住持(貫首)の就任、皇室からの使者上山する際に開かれ、一般の参拝の人は通れません。
04018172.jpg
回廊

参堂側道 

一般参拝出入口
注意厳守
参拝は左側通行を守り、順路に従って静かに歩こう。建物の撮影は構わないが、修行僧の生活空間である僧堂などに入ったり、鳴り物は絶対に触らない事などや、カメラを修行僧に向けることは禁止されている。
禅の体験
★座禅や写経、精進料理をいただく中食[ちゅうじき](昼食)ほか、修行僧と同様の生活を体験できる宿泊制度など、道元禅師の禅の心を学ぶことが出来る修行体験を設けています。
★雲水の修行を1泊もしくは3泊の2コースで体験ができる(要予約)。
・3時30分起床から21時の開枕まで日課に従う本格的な修行です。
 「清心臨身」

雲水さんは、勤行(ごんぎょう)・座禅(ざぜん)・行鉢(ぎょうはつ)・「動の座禅といわれる」作務(さむ)など厳しい修行に励んでいます。
 参拝者はそのひたむきな修行僧たちの様子を伺い知ることができます。
永平寺
永平寺は、今から750年前の寛元寛元(かんげん)2年(1244)道元禅師によって開かれた座禅修行の道場です。境内は三方を山に囲まれた深山幽谷の地に大小70余りの建物が並んでいます。
永平寺を開かれた道元禅師は正冶2年(1200)京都に生まれ、14歳の時比叡山で出家し、24歳の春中国に渡り天堂山の如浄禅師について厳しい修行をされて、お釈迦様から伝わった「座禅」という正しい仏の教えを受け継がれて日本に帰られました。
初め京都に道場を作りましたが、寛元元年(1243)波多野義重公の要請もあり越前の国(福井県)に移られ永平寺を開かれたのです。
現在は曹洞宗の大本山として、僧侶の育成と檀信徒の信仰の源となっています。
七堂伽藍(しちどうがらん)
寺院の建物ことを一般に伽藍と呼びます。これは僧侶が修行をする清浄な場所という意味があります。この中でも特に七つのお堂は「七堂伽藍」と呼ばれ、日常の修行に欠かすことの出来ない重要な建物です。
「七堂伽藍」とは山門・仏殿・僧堂・庫院・東司・浴室・法堂のことで、特に僧堂・東司・浴室は三黙道場といって一切の私語は禁止されています。
仏殿(ぶつでん) 七堂伽藍の中心に位置し、永平寺の御本尊、釈迦牟尼仏がまつられています。
法堂(はっとう) 七堂伽藍の一番奥に位置し、説法や各種法要が行われます。
庫院(くいん) 大庫院(だいくいん)食事を司る台所を初め、賓客の接待の間などがあります。
山門(さんもん) 永平寺最古の建物で、三解脱門とも称せられ、仏の世界に入られる関門です。
東司(とうす) お手洗いのことで、身心共に清浄となることを心がける道場です。
僧堂(そうどう) 修行僧の根本道場で、座禅・食事・就寝などが行われます。
浴室(よくしつ) 入浴は大切な修行であり、静寂の中で行われます。
座禅(ざぜん)
 座禅は修行の根本です。背筋を伸ばして姿勢を正し、静かに息を整えて座れば、心も自ずから正しくなり、み仏の徳がそなわります。
朝課(ちょうか)
 朝の座禅が終わると、法堂で朝堂(朝の読経)が始まります。東の空がほんのりと白みがかった頃、修行僧の一糸乱れぬ読経の声が1時間あまり永平寺の山内に響き渡り、参拝の皆様も共に心が清浄になる厳かな一時です。
行鉢(ぎょうはつ)
 行鉢とは正式な作法に則り食事を頂くことです。永平寺の食事はいわゆる精進料理と言われる菜食で、食事も大切な修行となっています。
作務(さむ)
 永平寺の修行の中心は座禅ですが、座禅だけが修行の全てではありません。座禅の精神を日常生活に展開していくことが大切なのです。毎日行われる回廊掃除などの作務はいわば「動の座禅」と言えるものです。
傘松閣(さんしょうかく)
 平成六年(1994)の改築で、1階は参拝の皆様のための控え室や、研修・宿泊のための部屋があります。2階は156畳敷きの大広間で、昭和5年(1930)建築当時の天井絵をそのまま修復した、別名「絵天井の大広間」があります。
絵天井は昭和5年当時の著名な画家一四四名よる二三〇枚の花や鳥を中心に描かれた美しい色彩画です。
★絵天井の絵には、小さな幸せが得られる秘密が御座います。探して見てください。当サイト他のPに秘密の答え記載あります。
仏殿(ぶつでん)
 明治35年(1902)の改築で、中国宋時代様式の二重屋根と床は石畳となった大変美しい伽藍です。
中央の須弥壇と呼ばれる壇の上には本尊の釈迦牟尼仏しゃかむにぶつ(お釈迦様)が祀られ、三体の仏像は向かって左から過去・現代・未来の三世を現しています。
また欄間には禅宗の逸話が図案化された一二枚の彫刻がはめられています。
山門(さんもん)
 寛延2年(1749)に再建された中国唐時代様式の楼閣門で、両側には仏教の守護神である四天王が安置され、見上げると吉祥山永平寺の命名の由来である「吉祥の額」が掲げられています。
山門2階には、5百羅漢が祀られていて、中央には後円融天皇の勅額「日本曹洞第一道場」が掲げられています。
鐘楼堂(しょうろうどう)
 昭和38年(1963)の改築で、中に吊るされた「除夜の鐘」で有名な大梵鐘は重さが約5トンあります。
大梵鐘は1日に朝・昼・夕方・夜の四回修行僧が撞きますが、一撞きごとにお拝むして撞かれる梵鐘の音は、単なる行持の合図というだけではなく、聞く人全てに清らかな心の安らぎを与えてくれます。
● 回廊で結ばれ拝観できます。回廊の長さは屋900メートル・階段は約500段 (車椅子での参拝可能です)
永平寺近辺 下記、主な観光地
芦原(あわら)温泉・福井市郊外にある有名な温泉地
東尋坊・・・・・・・・・北陸、随一の景勝地 
              珍しい
柱状節理の奇岩
丸岡城・・・・・・・・・天守閣が日本一古い。
              
一筆啓上・短いお手紙の里でも有名
越前竹人形の里竹工房は、日本でここだけです
              竹人形!一見の価値あり

吉崎御坊
・・・・・蓮如上人が浄土真宗布教の伝承文化地。
             【肉付く面の寺】


朝倉遺跡・・・・・・・・・・朝倉孝景、応仁の乱での活躍にて
               
一乗谷に本拠を移す。 
              上城戸〜下城戸約1,7km城下町が在った。
剣豪・佐々木小次郎
【一乗谷:朝倉氏遺跡(富田勢源道場)〜2km】
               一乗滝で
必剣:つばめ返しを編み出した場所
県立恐竜博物館・・・・日本最大の恐竜の博物館
                (一見の価値あり)

加賀温泉郷・・・・・・・・片山津・粟津・山代・山中・4箇所の温泉
永平寺町公式HPへ
小松空港

小松空港〜能登・和倉温泉の旅         ●能登空港〜奥能登・能登観光            
輪島・和倉温泉〜合掌造り・世界遺産の旅 小松・加賀・あわら温泉〜福井観光   
小松〜東尋坊・永平寺・朝倉遺跡の旅
     ●小松・金沢〜五箇山・白川郷・世界遺産の観光 .


お客様のペースでご案内致しております。

「いいね金沢観光」個人タクシー観光グループ
(代表) あ す わ 交 通
石川県金沢市八日市1丁目120−7
電話番号 090-3888-4964 FAX 076-241-4213
 メール asuwataxi@po6.nsk.ne.jp
メール返信は24時間内に送りますのでよろしく願います。

【お得なクーポン券】どなた様でもOK

永平寺(えいへいじ)門前!1番手前のお店
【てらぐち店】
(おてらのいりぐち)
お買い物(お土産)5パーセント引き