開講式

  

 平成29年度の「夏合宿inくれは」が8月22日(火)25日(金)の4日間行われました。参加者48名ボランティア16名で行われ、当所のイベントとしては最長の宿泊合宿です。

テント設営

 まず最初にテント設営を行いました。テントを建てるのは初めてのようでしたが、みなさん手際よく行いあっという間に完成しました。

呉羽丘陵探検の計画

 翌日の呉羽丘陵探検に先立ち、呉羽の歴史や産業を学び、班ごとに計画を立てました!

館内オリエンテーリング

         
本来ならば、月光ハイクの予定でしたが、大雨により館内オリエンテーリングに変更。上を向いたり、しゃがんだり、のぞきこんだり、みんな必死にポイントを探していました。

1日目を振り返って、、、

 大きな活動のほかにも食事の時間や、休憩時間で班の仲がさらに深まっていきました。だんだんと緊張が解けて、友だち、リーダーと打ち解けていく姿がおおいに感じられた1日目でした。

 

呉羽丘陵探検

  2日目です。この合宿の最大イベントである呉羽丘陵探検を行いました。自然の家を出発し、多目的広場で昼食をとり、埋蔵文化財センターを目指しました。距離にして約6キロ。6時間ほど歩きました。呉羽丘陵の魅力をたくさん発見できました。

埋蔵文化財センター

 埋蔵文化財センターでは約6000年前の富山について学びました。本物の貝塚にみんな興味津々でした!

梨園見学

 埋蔵文化財センターからバスで梨園に移動し、庄司梨園の庄司忠さんから呉羽の梨についてお話を聞きました。非常に興味深いお話で子供たちからはたくさんの質問も出ました。お話の後は梨狩り体験をさせていただきました。それぞれが思い思いの梨を選んで採集しました。

キャンプファイヤー出し物打ち合わせ

 山歩きでくたくたになりながらもみんなで出し物の打ち合わせです!途中アイスが配られた時は目が輝いていました。

2日目を振り返って、、、           

 食事の際は各班会話が弾んでおり、休憩時間にも部屋からは楽しそうな笑い声が聞こえてきました。みなさんすっかり仲良くなっている様子でした!

 

舟作り

 3日目最初の活動は舟作りです。骨組みから全部手作りで作っていきます。沈没しない舟を作るためにみなさん必死です!

テント撤収

           

 舟を作り終えてすぐにテントの撤収を行いました。1泊しかできなかったテント泊でしたが貴重な体験になったのではないでしょうか。

池遊び&舟遊び

 さあいよいよ自分たちで作った舟を浮かべて乗ります!なんと、どの班も沈没せずに乗り切ることができました。舟遊びを終えた後は池遊びです。ターザンロープでは多くの子が池に飛び込みました!

野外炊飯

 カレーライスを作りました。火おこしに少してこずっている班がありましたが、なんとか全班がおいしいカレーを作ることができました!

キャンプファイヤー&レクリエーション

 みなさん合宿最後の夜ということもあり、燃え上がる炎を静かに見つめていました。いろいろな思いがわき出てきていたと思います。神聖な儀式の後はみんなでレクリエーションをして大盛り上がり!各班の色が出ていたレクリエーションでした!

3日目を振り返って、、、

 皆さんすっかり仲良しになりました。話し合いの時間には班の中で言い合いになっていたところもありました。丸3日同じ屋根の下で協力して過ごしたことは、かけがえのないものになったに違いありません。

 

発表会

 さて、夏合宿も最終日。発表の練習も十分に済ませ、本番です!みなさんはきはきと上手に発表していました!

流しそうめん

 最後の活動です。保護者の方も参加され、にぎやかな時間を過ごしました。そうめんはいつ食べてもおいしいですね。。。

閉講式

            

 長いようであっという間だった夏合宿も終わりです。多く子供が「まだ泊まりたい。」と言ってくれ、本当に嬉しく感じました。4日間ずっとそばで見守ってくれていたリーダーたちも寂しい思いでいっぱいだったと思います。

最後に、、、

                      

 3泊4日という長い間、大きな怪我や事故がなく無事終えることができ、本当によかったと感じております。また、初め入所された時と最後の退所される時の子供たちの顔つきがまるで違っており、4日間この呉羽の自然と仲間やリーダーとの交流を通して多くの力を養ったのではないかと感じました。別れが名残惜しいのも、4日間お互いに深く関わった証拠です。保護者の方々につきましては、4日間も家を離れていた我が子に少し寂しさを感じていたのではないでしょうか。たくさんのお土産話で家族の会話が少しでも良いものになれば幸いです。

 それでは、夏合宿inくれはにご参加いただき本当にありがとうございました。