開会式・出会いの集い

 
  平成28年10月22日(土)23日(日)に「くれはわくわくキッズ 秋の集い」が行われました。今回、参加者57名とボランティアリーダーさん17名の計74名が参加しました。ドキドキわくわくの2日間のはじまりです。初めて会うお友達やボランティアリーダーさん皆さん緊張した表情でした。
   
   

呉羽の森探検・おもいで袋づくり

  
  秋の呉羽の森を探検しに行きました。天候にも恵まれ少し肌寒い風の中元気いっぱいに探検に出かけました。木の実や虫、落ち葉など呉羽の秋をたっぷりと感じている様子でした。みんなで拾ってきた木の実や葉っぱを使って世界に一つだけのオリジナルバックをつくりました。皆さん思い思いの作品を作っていました。どれも個性的で思いつかないような発想をしている子ども達にはすごく感動しました。
   

夕食

  
 たくさん歩いた後のご飯は美味しい!!協力して準備を行い皆さんお腹いっぱいになるまで食べました。
  

月光ハイキング・キャンプファイヤー

  
   夕食後は月光ハイキングとキャンプファイヤーを行いました。月光ハイキングでは、暗くなった呉羽の森を昼の明るい時と少し違った雰囲気で虫の鳴き声や月・星の明かりを感じながら歩きました。普段味わえない夜の森を経験することができたのではないでしょうか。キャンプファイヤーでは、大きな火を前にゲームを楽しみました。館内に戻ってからもゲームを行いました。初めて会ったお友達とも少しずつ仲が深まっっている様子でした。
  

起床・朝の集い

   
 すっかりと夏も過ぎ去り、少し寒さを感じる朝。おはようございます!眠い目をこすりながらも、みんな楽しみにしていたファミリーパークへ出かけるために朝から元気よく挨拶をしてラジオ体操を行いました。やっほ!とやまびこも行いました。太陽さんも快く出迎えてくれましたね。

里山生き物教室・乗馬体験(富山市ファミリーパークにて)

   
   
 2日目の午前中はファミリーパークへ行きました。里山教室では呉羽の森に生息している生き物のお話をファミリーパークの職員の方から聞きました。呉羽の森に生息する生き物について少し詳しくなっったのではないでしょうか。その後、実際に触れてみようということでカエルやヘビ、イモリなどと触れ合いました。ホクリクサンショウウオという珍しい生き物もいました。ヘビなど普段触れ合うことのない生き物を目の前にした子供たちは驚いた表情や目をキラキラさせ早く触りたい!というような表情を見せており子供たちの無邪気さにビックリしました。また、外ではポニーと羊にエサやり体験を行いました。生き物と触れ合える貴重な体験をさせていただきました。乗馬体験では、自分の体の何倍ものある馬にまたがり楽しそうな表情を見せてくれました。
      

思い出お手紙・発表会・閉会式

  
 2日間の楽しみもあっという間に終わりを迎えようとしています。最後に、思い出の手紙を書きました。楽しかった2日間の思い出を振り返り家族やお世話になったボランティアさんに手紙を書いていました。書いた手紙の発表会も行いました。たくさんの思い出が詰まった手紙を勇気をもって発表してくれました。すごく充実した2日間だったのではないかと強く思える発表会でした。
  

終わりに

 「くれはわくわくキッズ 秋の集い」はいかがだったでしょうか。不安や緊張そして、楽しみ・ワクワクの入り混じったとても複雑な感情の中参加した子供たちも少なくないのではないかと思います。しかし、終わってみれば中身の充実した大変良い2日間を過ごせたのではないでしょうか。この2日間は忘れられない胸に刻まれる思い出となったことでしょう。「くれはわくわくキッズ 秋の集い」に参加してくれてどうもありがとう。
 また、保護者の皆様にもこのような企画に参加申し込みしていただいたこと心より感謝申し上げたいと思います。ありがとうございます。今後も「呉羽青少年自然の家」の利用を快くお待ちしております。
 それでは、皆さん「くれはわくわくキッズ 秋の集い」に参加していただきありがとうございました。次回の参加もお待ちしております。