金継ぎ・陶器の修理・漆器修理

陶器の修理は金継ぎを含め、6種類用意しております。金継ぎの他、銀継ぎ、銅継ぎもあります。また漆で絵を描く蒔絵直し、器の色に近づけた色漆で直す共継ぎ、あめ色の漆で直す溜め継ぎなどさまざまな修理方法で器をよみがえらせます。その他お盆の修理・お椀の修理、日常漆器の修理、その他茶道具の修理をしています。*緑の文字から「各種直し方」へ飛べます*

金継ぎ・陶器の修理担当
八木茂樹です。
***金継ぎ日誌***
不定期ですが、ブログにて器の様子を掲載しています。
▲ワンクリックして頂くとブログのサイトが開きます



漆工房ぬしやが修理した、金継ぎ・漆器・陶器の修理を紹介
お客様からの依頼品を、修理前修理後の写真を交え、仕事内容金額などを紹介しています。
*お手持ちの依頼品と同じ種類の写真をクリックして下さい


茶道具の修理もいたします。抹茶碗の金継ぎ、水指の修理、香炉の修理、各種棚の修理、香合の修理、茶道具の修理に関する事はこちらをご覧下さい。 中国茶器・茶壺の修理、金継ぎもしています。


鞘の修理、塗り直し、漆を使った変わり塗りを紹介しています。
金継ぎで修理した器に蓋をして、水指としても使うことが出来ます。水指の蓋の制作もしています。一般的なモノから、お好みによって様々な蓋を作ることも可能です。写真を多数載せていますので、参考になさって下さい。
共継ぎという技法で器の色に合わせた色を作り、目立たないように直します。金継ぎとは違った修理方法もご覧下さい。

旅館料理屋さん茶房など割れた器の数が多い方、また、修理依頼の器が10個以上の方はこちらをご覧下さい。 お手持ちの器が粉々に割れた場合参考にして下さい。サイズ・形に関係なく、修理前・修理後の写真と値段を載せてあります。


【金継ぎの仲間】 【その他の仕事】 【粉と漆の種類】
銀直し、銅直し、蒔絵直しなど色々な直し方が出来ます。 水指の蓋、家具の塗りなおしなどもしています。 金継ぎで使用する粉の種類や、漆器の修理で使用する材料を詳しく紹介しています。
【お客様の声】 【質問コーナー】
今までにたくさんのご意見ご感想を頂きました。 今までにお客様から色々な声が聞かれましたので、簡単なQ&Aにしてみました。
  ぬしや金継ぎNEWS

※修理でかかった費用は、カード決済・電子マネーを
利用することができません。

◆月刊誌『華道8月号』にてぬしやの金継ぎが紹介されました
P24の「今に生きる日本の心」にて金継ぎの特集が組まれました


◆TBSニュースバード「ドクター月尾・地球の方程式」で
ぬしやの金継ぎが紹介されました。

平成21年1月放送。

◆雑誌「わたしの好きなインテリア雑貨」で
ぬしやの金継ぎが紹介されました

平成19年10月11日発売の「わたしの好きなインテリア雑貨」(暮らしの手帖別冊)の
「修繕職人手帳」(P98・99)に1ページにわたり、金継ぎが紹介されました。


◆FMcocolo「ON THE MOVE」に出演しました!

平成20年7月8日(日)午前8時からの20分間、金継ぎついてお話させて頂きました。

◆平成19年「日経エコロジー」で金継ぎが紹介されました。


ぬしやへの
交通と地図
◇リンク集◇ ぬしやの こだわり 【ご依頼方法】


〜オリジナル椀で一生の思い出を〜
▲お食い初め(おくいぞめ)の器はこちらから


ぬしやTOPへ


ご意見、ご感想、お問合せはこちらまで
e-mail : nusiya☆po6.nsk.ne.jp
※☆の部分は@に変えて下さい

*フリーメールご使用の方へ
受信できない場合がありますので、メールを送って1日経っても返信がこない場合は、お手数ですがお電話頂ければと思います。


漆器工房ぬしや 八木
〒922-0103 石川県加賀市山中温泉長谷田町リ313-2
電話 
0761-78-0252

文字サイズ:中 推奨